宝塚市が大学と包括連携協定を締結!

宝塚市が『芸術文化観光専門職大学』と包括連携協定を締結するとのことで、3月24日に市立文化芸術センターで行われた締結式に行ってきました!

『芸術文化観光専門職大学』は、兵庫県の北部・豊岡市に「芸術文化と観光の二つの視点を生かし、地域を元気にする人材を育成」することを目的として2021年4月に開学した注目の大学。今回は、平田オリザ学長をはじめとする大学の方々も出席されていました。
img001

今後は
(1) 宝塚の芸術文化や地域資源を生かしたまちづくりに関すること。
(2) 芸術文化や地域資源を生かした観光振興に関すること。
(3) 次代を担う人材の育成に関すること。
(4) 教育や生涯学習に関すること。
(5) 地域の政策課題等に関する学術・研究に関すること。

といった地域活性化につながる事がらについて、相互に連携・協力をしていくとのことです。
●DSC_0109-1

「もともと我が校は県立大学で但馬地域と密接なつながりがあったが、他地域の自治体との連携は初めて。芸術文化と観光を研究する大学にとって、宝塚という自治体は連携するにもっともふさわしいと思っています」(平田学長)。

「宝塚は南部に華やかな歌劇があり、北部には大自然があるという特色がある。この宝塚ならではの文化を観光に活かせるよう、大学で芸術文化と観光を研究されている知見からアドバイスいただきたい」(山﨑市長)。

宝塚市の文化芸術が観光地としての魅力に

●DSC_0114
●DSC_0116-1
平田学長は、以前より宝塚市の政策アドバイザーをつとめておられ、市内の小学校では演劇の手法を用いた授業も行ってこられたそうです。

今後この授業をさらに行っていくほか、大学の学生たちが宝塚の公共施設などで研修を行うなど、現在、構想中のさまざまな計画もあるとのこと(まだ「内緒」とのことがたくさんありそうでした(笑)。楽しみですね!)。

宝塚市の誇る文化芸術が、より盛り上がる観光、地域の活性化にも繋がって広がっていくことを期待します!

以上、宝塚の情報を発信する宝塚コミパ通信KAでした!